異常気象に付き合っている間に明日は師走!!

早く感じます。

冬の準備をしたり、野沢菜の畑を片つけていると草と石の陰に、誰が隠したのか、蓄えたのか近くには見あたらない樫ぐるみが、数個並んでいました。

一ヶ割ってみたら中身がいっぱい詰まった立派な胡桃でした。

カラス?リス?想像するだけでほのぼの感じた時間でした。

e0014678_2253630.jpg


こんな中、昨晩も八方尾根に雪が降りましたが(白くしただけですが)残念です。

初すべりをお待ちのお客様もうしばらくお待ち下さい。


ゲレンデ情報の詳細はこちらからどうぞ
[PR]
by hakuba-arayasiki | 2009-11-30 22:19

白馬のゲレンデ画像公開

白馬村では村内のスキー場の積雪情報などを伝えるライブカメラを今月上旬からインタネット上で画像を公開しています。

カメラは6スキー場のゲレンデなど8ヶ所に置き、15分ごとに画像を更新、過去の画像も見ることが出来ます。

スキーシーズンを終えた後はカメラの設置場所を変え、桜の開花や紅葉、夏のイベント[白馬ALPS花三昧]会場の花も伝えます。

どうぞ、白馬を訪れて下さるときの参考にして下さい。

白馬のゲレンデライブカメラ

http://livecam.vill.hakuba.nagano.jp/livecam/?id=2
[PR]
by hakuba-arayasiki | 2009-11-27 20:23

八方尾根の現在

e0014678_12102410.jpg


本日の積雪状況です

ゴンドラの終点下部まで白くしましたが、まだ滑走できません。

初すべりを待っている皆さんの為にも、もっと降ってほしいところです。
[PR]
by hakuba-arayasiki | 2009-11-23 12:13

e0014678_14414534.jpg

ブログも冬バージョンに切り替わり、寒々ですね

例年より寒さが厳しいのでしょうか?

夜間はマイナス気温を表し、室内に隔離した花々も開花が進まず、暖房も早々と毎日必要になり、お日様もあまり顔を出さず、寒さが身にしみます。
[PR]
by hakuba-arayasiki | 2009-11-22 14:51

寒くなりました

足早に迫りくる雪景色を気にしながら、野沢菜、大根漬け、雪囲い、など大忙しに済ませ昨日から今日にかけ白いものが舞い、気温も一桁になり夕方には0℃を表しています。

ゲレンデは営業の準備に入って、従業員、オペレーターの方々も大忙しです。

当館でもお客様をお迎えする準備に入っています。

暇を見つけて、ワイン工場を訪ねて、色々試飲しお気に入りのワインを購入し、寒くなれば鍋が恋しく少しリッチな気分を味わっています。

e0014678_22283568.gif

[PR]
by hakuba-arayasiki | 2009-11-18 22:29

立冬です

ここ数日は日中は暖かいお天気が続いていますが、今年の積雪はどうなるのかわからず心配で、少し早めですが、野沢菜の収穫に入りました。

塩漬け、醤油漬け、など家々の調味料を入れ漬けます。

お客様が御越しになられる、年末年始ごろにはべっこう色になり、美味しくなります。

その他、たくわんの糠漬け、酢漬け、粕漬け、ビール漬け等など大忙しです。

インフルエンザワクチンも不足しているようですが、かからない、うつさない、広げないために、季節インフと新型インフの申し込みをしてきました。

皆様もどうぞお気をつけくださいませ。
[PR]
by hakuba-arayasiki | 2009-11-07 21:13

里にも初雪が・・・・・

e0014678_19461196.jpg

昨日のみぞれが寒いと思ったら夜半から雪が舞い始め、今朝は1センチほどの積雪がありました。

まだ野沢菜漬けが始まらないので、折れたり曲がったりととっても仕事がしにくくなり心配のところです。

e0014678_19514938.jpg

今年は強い霜が降りないためあじさいの葉が落ちず、その上に雪が積もりました。

e0014678_1955771.jpg

朝から雲に覆われていた白馬三山も夕方には要約その姿が現われました。段々と山の雪も厚くなり冬に突入です。

(夕方5時に撮影したものです)
[PR]
by hakuba-arayasiki | 2009-11-03 20:03

最後の紅葉を楽しむ

e0014678_17565456.jpg

大町市霊松寺、長野県宝、天然記念物指定の[オハツキイチョウ]の紅葉真っ盛りを見に行って来ました。

11月に入りこれが白馬近郊では最後の紅葉となるかしら?

[オハツキイチョウ]とは[お葉付銀杏]の意でギンナンが葉の上に結実するものである。秋期に落下した銀杏を観察すると、通常のギンナンより小形で葉を付けている固体を見つけることができる。
これは10%程度のギンナンに見られるだけである。このようなギンナンが実るのは環境の影響時に、地下の水分量の影響によるものと考えられる。
(六十三年一月十四日指定)

e0014678_19223223.jpg


このギンナンは境内に2本あるそうですが、この木にしかならないとの事、子宝に恵まれると、全国からお参りに来たり、お子さんをお連れになったりと、訪れる皆さんの多いお寺でした。

e0014678_19543188.jpg

境内の裏には池がありどこから湧き出るのか水が枯れたことは無く、これも水にまつわる不思議な現象でした。

帰りには雨からみぞれに変わり肩をすぼめて帰路につきました。
[PR]
by hakuba-arayasiki | 2009-11-02 19:33