今日は稲刈りでーす

e0014678_19154355.jpg

台風の接近によりはっきりしないお天気が続いていましたが今朝は最高の稲刈り日和となりました。先日の初冠雪もまだ残り気持ちのいい朝です。今年は夏のお天気の影響で、昨年より多い収穫になる見込みです。一晩乾燥機の中でゆっくり乾燥され、明日には新米がいただけます。
[PR]
by hakuba-arayasiki | 2008-09-30 19:24

秋の味覚

e0014678_2047834.jpg


e0014678_20505892.jpg


e0014678_2052173.jpg



今年も気温が下がると美味しくなるのは秋の味覚、果物たちです。須坂市の親戚の畑では巨峰、りんご、柿、栗、なし、無花果、などなどいっぱいたわわに実っています。
宿泊していただいたお客様には、生のまま、または保存できないものはシロップ煮やジャムなどにしてデザートに召し上がっていただこうと思います。どうぞお楽しみに・・・・・
[PR]
by hakuba-arayasiki | 2008-09-28 21:02

e0014678_20253860.jpg

日本上空に寒気が入り込んだ26日夜から27日朝にかけて、白馬岳は(2932m)麓からも冠雪した光景を望むことができました。一帯は2,3センチの降雪となり吹き溜まりは10センチ位だそうです。
夜の温度は一桁になり、秋に向かってまっしぐらです。
この朝は稜線も心なしか恥ずかしがり雲を抱えてすっきり見せてくれませんね。
当然こたつが登場しました。
[PR]
by hakuba-arayasiki | 2008-09-28 20:44

八方温泉岩御輿秋祭り

e0014678_16481066.jpg

美しい山々と日本一のアルカリ温泉に恵まれた白馬八方・八方口の地に、諏訪神社社の更なるご加護がありますことをお祈りし、八方岩御輿、子供も御輿、女御輿が当館近くの”みみずくの湯”からスタートいたしました

e0014678_16553273.jpg

白馬八方温泉と岩御輿の由縁
白馬八方温泉はPH11.3を示し、アルカリ度は日本の数ある温泉の中で最高値を誇ります アルカリ泉は特有のすべすべ感を持ちつるつるの泉質が特徴の名泉の誉れ高い温泉です
この温泉が湧出している八方尾根一帯は、日本有数の蛇紋岩地帯で、この岩の特長によりスキー場として豊かでたおやかな形状が造られております
岩御輿は巨大な蛇紋岩で野天風呂の”小日向の湯”で清められた後、区内各辻を氏子若衆によって担がれ、温泉の恵みに感謝し、勢いよくふりかけ温泉の熱気と若衆の気勢、そして清めのお酒も手伝って息高揚した御輿練りは細野諏訪神社まで行き最後の奉納儀式を行い、御輿を収めます
[PR]
by hakuba-arayasiki | 2008-09-25 17:22

秋のたより

e0014678_21501731.jpg

稲穂が頭をたれ、コスモスが満開となり秋風に身を任せ、そばの花が咲き、白馬は良い季節となりました。村内の蕎麦屋さんでは新そばのそば祭りが10月初めから11月の中頃まで開催されます。
紅葉ウォーキングで自然が織りなす錦絵と出会い、そばの里で上質なそばを存分に味わい、八方温泉フェアで心も体もゆったり満足な白馬ALps秋三昧などいかがですか?
[PR]
by hakuba-arayasiki | 2008-09-17 22:05

夢中っ子達

e0014678_2141324.jpg

秋空に赤トンボが飛び交い、その下で野球に夢中です。監督さんのコーチの下、父兄の皆さんもお茶の接待やら応援やらと子供達のバットの音が響きます。
[PR]
by hakuba-arayasiki | 2008-09-17 21:46

北京パラリンピック


e0014678_19295585.jpg

””第11回シッティングバレーボール全国親善交流大会in白馬””が8月に毎年多くの皆様が参加していただきレベルの高い試合展開で、障害者スポーツへの理解が深まり素晴らしい出会いとふれあいがあり感動しました。
当館に毎年宿泊していただいているチームの中から岡平さんが北京パラリンピック初出場のメンバーに決定しました。様々な障害を乗り越えて家族や仲間の深い愛に支えられ、乙女達は羽ばたきます。

輝け!!日本女子シッテイングバレーボール
   想いつずければ夢はかなう・・・・・全日本女子監督 真野嘉久

e0014678_194475.jpg

この本には初出場に12名の代表が選ばれましたが、中学生の時から障害を持ち抗がん剤の治療を受けて頑張っておられた朝野久美さんがパラリンピック目前の8月12日にお亡くなりになってしまいました。
ベンチには急逝したチームメイトの朝野久美さん当時(21歳)の遺影とユニホームが置かれ[久美ちゃんと一緒に12名で戦うつもり]と岡平さんは話され、思いを一つにしました。
真野監督は[自分のできることにひた向きに取り組みチームにはなくてはならない存在だった]と・・・・・ (信濃毎日新聞より)
どうぞ皆様12名がいつ、どのような障害を持ち、どのように克服され、どのように病気と闘って世界の大舞台に羽ばたいたのか、きっと勇気をもらえる一冊となる事でしょう。
朝野久美さんのご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by hakuba-arayasiki | 2008-09-12 19:50