八方に郷土料理[おひょっくり鍋]ができました

e0014678_21561067.jpg
自然豊かな山村の郷土料理[おひょっくり鍋]が今年から八方の中心地区、スプリングスホテルのレストランにオープンしました。[おひょっくり]とは熱いものを食べた時に、あつ!あつ!と言いながら口をつぼめて食べる様がひょっとこ”に似ている事からこのネーミングになりました。
鍋は地粉を平たく伸ばし短冊状に切り地場産きのこや野菜をふんだんに使い豚肉や手羽からとっただし汁にこだわりの信州味噌を加えた鍋は絶品です。


e0014678_22141146.jpg
[おひょっくり鍋]に日替わりの御膳がつきます。
冷えた体を芯から温めてくれます。要予約ですのでぜひお召し上がりくださいませ。
[PR]

by hakuba-arayasiki | 2007-01-18 22:22

晩白柚を使った料理を紹介します №ー2

e0014678_20395811.jpg
下段の №-1の続きからご覧下さい。
鍋のまま水を入れ流し水をしながら10分間ほど浸してあくを抜く。(あまり浸し過ぎるとおいしい皮独特の風味が抜けます)


e0014678_20484289.jpg
水洗いの後手のひらで軽く押して水を切る。水切り後電子炊飯器に皮の重さの1.5倍位の砂糖を入れ炊飯で炊き上げます。


e0014678_20567100.jpg
炊飯器で水分がなくなり”ほっこり”と炊き上がりました。荒熱を取ります。


e0014678_20591519.jpg
荒熱を取りグラニュー糖をまぶします。


e0014678_2112651.jpg
今回も上手にできました。まだ水分があるのでしばらくは広げて冷まします。少し苦味がありほのかな香りで美味しいです。お客様にも召し上がっていただきます。
[PR]

by hakuba-arayasiki | 2007-01-15 21:07

晩白柚を使った料理を紹介します №ー1

e0014678_2045720.jpg
熊本県八代の名産”晩白柚”(ばんぺいゆ)が今年もお友達から届きました。普通のみかんとの対比をご覧下さい。今回は晩白柚の皮を使った砂糖漬けのレシピを紹介します。


e0014678_20141180.jpg
厚い皮をむいた中はまるでグレープフルーツです。重さは1.2kgありました。皮をむくのも大変です。


e0014678_20172947.jpg
イチゴを添えて高級なデザートになりました。皇室にも献上されるという品に幸せを感じながらいただきました。


e0014678_20221754.jpg
外側の表皮(黄色部)を丁寧に除去し内側の綿状部も少し取る。


e0014678_20283578.jpg
皮の中身を鍋に入れ皮が浮くので落し蓋をし沸騰して5~6分で水を変えたっぷりの水で煮る。
2回ほど繰り返す。
[PR]

by hakuba-arayasiki | 2007-01-15 20:37

白馬槍にかかる曙の明星

e0014678_14331887.jpg
このコーナーで白馬三山と紹介してい白馬鑓、杓子、白馬岳の白馬鑓にまさに曙の明星がいらっしゃろうとしている瞬間を捉えました。何枚も撮っている間に沈んでしまいました。美しい光景でした。
[PR]

by hakuba-arayasiki | 2007-01-07 14:44

新年明けましておめでとうございます

e0014678_2049848.jpg
2007年の幕開けです。
今年も”女将の部屋”をどうぞよろしくお願いいたします。例年より雪が少なくお客様にはご満足していただけるような滑りが出来なかったのですが、年末年始大勢のお客様にご利用頂き感謝申し上げます。
[PR]

by hakuba-arayasiki | 2007-01-04 20:58